医療費控除の対象となる医療費

昨年、医療費がたくさんかかったという人は、「医療費控除」という所得控除を受けられる場合があります。

対象となるのは、去年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。


医療費なので、原則、健康診断やインフルエンザの予防接種の費用、美容目的の治療費などは対象外です。
 

公的介護保険のサービスを利用した場合の自己負担分のなかにも、対象となるものがあるので、心当たりのある人は要チェックです。


近年は、対象となる治療が増えているので、迷う場合は最寄りの税務署に確認するといいですね。


こちら⇒国税庁「医療費控除の対象となる医療費」


控除を受けられる医療費は、自分の分だけではなく、生計を一にする家族のために支払った分も対象になります。


入院給付金などで補てんされた金額は差し引くことになっていますが、その給付の原因になった医療費からのみです。

引ききれない分を、他の医療費から差し引く必要はありません。


医療費控除は、知っている人も多い所得控除の1つですが、意外と思い違いも多いので、確認しなおしてみてはいかがでしょう
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する