日経レバレッジ指数ETF

ETFとは、証券取引所に上場されていて、株式と同じように取引することができる投資信託です。

日経平均株価やTOPIXなどの指数などに連動するように運用されています。


最も多いのが、日経平均株価に連動するタイプ。

日経平均が上がれば、同じだけ上がり、下がれば、同じだけ下がります。


中でも、現在売買代金が大きいのが、「日経レバレッジ指数ETF」です。


値動きが、日経平均株価の2倍になるのが特徴です。

簡単に言うと、日経平均が5%あがれば10%あがり、反対に5%下がれば10%下がるというものです。


ただし、時間がたつにつれて、単純な2倍から運用成績がずれていく特徴があるため、一般に長期投資には向かない商品です。


短期で値幅をとりやすい商品が人気っていうのも、なんだか変ですね



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する