子育て給付金、継続へ

政府は、消費税増税に伴う経済対策として、子ども1人当たり1万円を配った「子育て給付金」について、2015年度も続ける方針です。

当初は、消費税率が8%になったことの影響を和らげるための経済対策として、1回限りの措置として中学生以下の子どもがいる家庭に一人1万円を給付する方針でした。


ところが、継続を強く求める声に応える形で、継続を決めました。


ただし、財源のめどが立たないことから、支給額は1人3000円とする方向で最終調整。


ゼロよりましでしょ、ということでしょうか。


そういえば、数年前には「子ども手当て」こども一人あたり月額26000円、なんて話しもありましたね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する