貯蓄性保険、販売停止が相次ぐ

貯蓄性保険とは、貯蓄に重きを置く生命保険商品のことです。

一定期間中に亡くなれば死亡保険金が、亡くならなくても満期になれば満期保険金を受け取ることができる「養老保険」や、一定の年齢になると年金が受け取れる「個人年金保険」などが代表です。

もちろん、掛け捨ての保険に比べ保険料は高めです。


その貯蓄性生命保険の販売をやめたり、保険料を上げたりする保険会社が増えてきました。


特に保険料をまとめて支払う、一時払いタイプの商品では、販売停止が相次いでいます。


理由は、長期金利が低下し、運用利回りを確保しにくくなっているため。


学資金として受け取れる総額が、払い込んだ保険料の総額より大きいと人気のソニー生命の学資保険も、一部販売を取りやめています。


有利で安全な保険商品が少なくなるのは、困りますね









このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する