預金口座にもマイナンバー

政府は、銀行の預金口座にも、預金者の税と社会保障の共通番号(マイナンバー)を2018年から適用する方針です。


登録は、当面は任意。

義務化は先送りするようです。


ただし、登録の進捗状況を確認しながら、2021年以降には義務化も検討する予定です。


金融機関に対し、マイナンバーを登録した口座情報を求められれば、脱税や生活保護の不正受給などの不正行為防止に役立ちます。


現在分離課税となっている利子所得や配当所得を、総合課税にすることも可能になるかもしれません。


不公正さを指摘される税金の問題が解消されれば、引越しの時に市役所に出す書類が1枚で済むくらいしかメリットがないとか悪口を言われるマイナンバー制度も、メリットがでてくるのかもしれませんね・・・
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する