ワインの支出は増加傾向

ボジョレーワインの解禁を始め、この季節はワインを楽しむことが多い時期です。


総務省の「家計調査」によると、支出が減少傾向にある酒類の中で、ワインだけは支出が増えているそうです。


支出金額を日別に見てみると、11月の第3木曜日(ボジョレーヌーボーの解禁日)は、支出金額が他の日の4倍以上。


世帯主の年齢別のワインへの支出金額についてみてみると、酒類全体に占める割合は平成13~15年平均では39歳以が最も高くなっていましたが、平成23~25年平均では50歳代が最も高く、次いで40歳代となっています。


確かに、手頃な値段で楽しめるワインが増えていますものね


総務省家計調査⇒ワインへの支出
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する