レモネードスタンドバー

1996年、アメリカで生まれたアレックス・スコットちゃんが、1歳の誕生日の目前に神経芽細胞腫という小児がんに罹っていることが分かりました。

2000年、4歳になったアレックスちゃんは「がんと闘うこどもたちのために治療薬の研究が進むように、レモネードを売ってそのお金を病院に寄付したい」と、言い、自宅の庭でレモネードを売りはじめました。


これが、アレックスのレモネードスタンドの始まりです。


その活動が地域で話題になり、メディアでも取り上げられるようになり、アレックスのレモネードスタンドは全米に広がりました。

日本では、NOP法人キャンサーネットジャパンがレモネードスタンドジャパンを立ち上げ、活動を行っています。


そのレモネードスタンドのアルコール版「レモネードスタンドバー」が、12月5日(金)東京で開かれます。


レモネード&赤ワインのイタリアンレモネードを始め、ビール、レモン酎ハイなどのアルコール飲料、そのほか、レモネード、ソフトドリンクなどが1杯500円です。


手作りおつまみもあるようです


■日程:12月5日(金)

会場:キャンサーネットジャパン東京事務局
4東京都文京区湯島1-10-2御茶ノ水K&Kビル2階

時間:18:00~21:00

(ご自由に入退室可能です)



■レモネードスタンドバー告知ページ
http://www.lemonadestand.jp/20141205/538.html


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する