社会保障・税番号制度

マイナンバー制度とは、国民一人ひとりに、12ケタの番号を割り当てて、氏名や住所、生年月日、所得、税金、年金などの個人情報を、その番号で一元管理する「共通番号制度」のことです。


番号をつけることで、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理しようというもの。


複数の機関に存在する個人の情報が、同じ人の情報であることの確認が容易になるってことですね。


番号は、個人だけでなく法人にもつけられます。


導入のスケジュールは、今のところ、平成27年10月から個人番号・法人番号の通知。


平成28年1月から順次、社会保障、税、災害対策分野で利用開始することが予定されています。


詳しくはこちら⇒国税庁
        ⇒内閣府


システム構築には、きっと莫大がコストがかかっているのだと思います。


コストに見合ったメリットがあるといいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する