確定拠出年金、誰でも加入へ

運用成績によって、将来受け取る年金額は変わる確定拠出年金。


原則掛け金は企業が拠出する企業型と、自分で拠出する個人型があります。

ただし、現在個人型には、専業主婦や公務員などは、加入することができません。


個人型確定拠出年金に加入できるのは、自営業などの国民年金第1号被保険者と、会社員などの第2号保険者で、勤務先に企業年金制度がなく、企業型確定拠出年金も導入されていない会社員です。


厚生労働省は、個人型の確定拠出年金の制度を改め、専業主婦や公務員など誰でも加入できるようにする改革案を示しました。


公的年金の給付は、今後、徐々に下がっていく予定です。


老後を生きる資金は、自分で頑張ってなんとかしてね・・・ってことですね。


真剣に、運用のこと考えないといけませんね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する