80歳からの医療保険

生命保険各社の医療保険加入年齢が、引き上げられています。


かなり以前になりますが、病気やケガで入院したときに受け取れる医療保険は、終身のものはほとんどなく、終身保険に医療保険の特約を付けるタイプが主流でした。

特約の満期が80歳という商品が多く、その先も医療保障がほしくても年齢制限があって加入できませんでした。

保険会社からすれば、病気やケガのリスクが高くなる高齢者向けの医療保険は、保険料も高くなるし慎重にならざるえないってことかもしれませんね。


もちろん現在は、、終身タイプの医療保険は各社どこでも販売しています。

それでも80代になってから加入できる医療保険はあまりありませんでした。

ところが、最近、80代でも加入できる医療保険が増えてきました。

既存の商品の加入年齢の上限を引き上げて、80歳、85歳でも加入できるようになってきています。


たとえば、アフラックの「ちゃんと応える医療保険」の場合、85歳女性入院日額5000円、1入院60日型、通院特約と先進医療特約をつけた保険料は、11,771円/月。


少ない保険料で、ライフプランを左右するようなリスクをカバーするために加入するのが保険・・・と考えると85歳でこれだけの保険料が毎月支払えるなら、その分使わずにとっておくっていうのも選択肢になるかもしれませんね



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する