企業型確定拠出年金の掛け金引き上げに

企業が掛け金を拠出し、加入者である従業員が金融商品を選んで運用するのが企業型確定拠出年金制度です。

2001年に導入され、2014年3月末現在で、加入するのは1万8000社。

加入者数は、464万人にまでなりました。

うちの会社もそうだ!という方もいらっしゃるでしょうね。


掛け金の限度額は、他に企業年金がない企業は月5万1000円。

ある場合で、2万5000円でしたが、10月からそれぞれ5万5000円と2万7500円に引き上げられました。

企業型確定拠出年金には、この限度額内で従業員が自分で掛け金を上乗せできる「マ
ッチング拠出」という制度があります。


従業員が上乗せできるのは、企業が拠出する掛け金以下という決まりがありますが、限度額が上がったことで企業が掛け金を増やせば、上乗せできる金額もあがる場合があります。


制度は、今後も変更されていくことが予想できます。

特に若い世代の会社員は将来の資産形成のために、しっかり勉強してメリットを十分に活用しましょうね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する