満期型投資信託

投資信託は、その募集方法によって、追加(オープン)型と単位(ユニット)型の2種類に大きく分けることができます。


単位型の投資信託は、設定当初の募集期間中にしか購入できず、また信託期限があらかじめ定められているのも特徴です。

満期のある投資信託というイメージですね。

投資信託の中では少数派ですが、最近この単位型の投資信託に個人の資金が集まっているようです。


単位型投資信託は、満期のある金融商品を対象とすることが多く、最近では信用力の低い企業への融資を集めた「バンクローン」や、発行した企業が破たんした場合には弁済の順位は低くなるが、その分利回りのよい「ハイブリッド証券」に投資する商品が増えています。


投資結果もお任せにしたいという人向きともいえますが、相場環境によっては元本を下回るという可能性もあるので、定期預金の代わりに・・・というわけにはいかないのでご注意を
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する