運用リスクを労使で折半?-新企業年金案

厚生労働省は、労使が運用リスクを分かち合う新しい企業年金制度の創設を模索しはじめました。

検討案は、企業が一定の給付額を約束する確定給付年金と、社員自らが運用する確定拠出年金の中間という位置づけの制度。

企業の責任で最低限の給付を確保した上で、上乗せ部分は運用次第で増減するというものになるようです。


中小企業向けの、簡素な確定拠出年金制度も同時に創設。


公的年金の給付を抑えるなか、企業年金の加入者を増やし老後の生活資金を確保してもらう狙いです。



老齢基礎年金や厚生年金の給付は、この先給付が抑えられるのは必須。


年金をもらって悠々自適は、過去のものになりそうですね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する