年収と手取り

住宅ローンの借入などの際、尋ねられるのが「年収」。一般的に、年収とは税金や社会保険料を差し引く前の額。


お給料をもらっている人にとっては、1年間に支給されるお給料やボーナスの全額。自営業の人でいうと、売上そのものの金額になります。

残念ながら、年収イコール使えるお金というわけではありませんね。


また、同じ年収でも、独身の人と養う必要のある家族(専業主婦の奥さんや子ども)がいる人では、差し引かれる金額や追加される金額が違うので、手取り金額は同じではありません。



ちなみに、所得というのは、年収から、その収入を得るために必要だった経費を差し引いた、いわゆる「もうけ」のことです。(お給料をもらっている人は、年収によって所得が決められています。)



自分の収入の範囲で、楽しく暮らすことはとても大切。



でも、それだけでなく税金をいくら支払っているのか、納めている社会保険料の金額とどんな保障があるのかを、きちんと知っておくことも、とても大事なことですね。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する