どう変わる?民法改正

民法が変わる方向です。

たとえば、アパートの「敷金」返還や借金の時効など、暮らしに身近でありながら分かりにくかった契約ルールがシンプルで明快なものになろうとしています。


改正は120年ぶりになるとか。


アパートの退去する際に、借り主に戻ってくる「敷金」については、これまで民法上の規定がありませんでした。


原案では「家賃などの担保」と定義。

契約が終了して。部屋を引き渡したとき返還義務が発生するとしました。


原状回復について、借り主は通常の使用による傷みや経年変化を修理しなくてよいことも明記されます。


未払い代金の時効も見直されます。


「飲食店が1年」「医療費が3年」など支払う内容ごとに「短期消滅時効」が定められていますが、これを「(未払い代金の取り立てを)できることを知ったときから5年」に統一して分かりやすくします。


民法は,市「民」のことについて定められた「法」律という意味だそうですから、時代にあっていること、市民に分かりやすく明快である、というのはいいことですよね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する