フラット35 リフォーム融資拡充へ

昨日の日経新聞に、政府が中古住宅購入を後押しするための低利融資と税制の優遇措置を拡大する方針だ、という記事がありました。


拡充されるのは、住宅金融支援機構が民間金融機関と組んで貸し出す35年の長期住宅ローン「フラット35」。

現在でも、フラット35リフォームパックを利用すれば、「中古住宅の購入」と購入後の「リフォーム工事」に必要となる資金を一体の手続で借入ることはできます。


こちら⇒フラット35リフォームパック


新制度では中古住宅を買ってリフォームする場合、購入費と改修費をフラット35で一括借り入れできるようにします。

一体型ローンを提供するために、国土交通省が年度内にも政令を改正する予定。


中古住宅をリフォームして住みたいという人には、朗報ですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する