株価の値動きが10銭単位に

株式や債券などを注文する際の値段のことを、呼び値といいます。

呼び値の刻み幅は、銘柄の値段の範囲によって、1円から100,000円刻みまで決まっています。


今月22日、東京証券取引所は、一部の大企業について株価の刻み幅を縮小しました。


これまでは最小でも1円単位でしたがが、初めて10銭や50銭の刻みの株価が登場しました。


刻み幅縮小は、東証が選定した「TOPIX100」の100銘柄が対象で、今年1月に続き第2弾となる22日からは、株価が5千円以下の約80銘柄を対象に実施され、この中で、株価が1千円以下の約20銘柄は10銭刻になりました。


株価が100円の銘柄を売る場合、株価が101円にならなければ売買できませんでしたが、今後は100円10銭という株価でも売りに出すことができるようになった、ということです。


大量に売買する人(?)には、メリットがあるかもしれませんね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する