混合診療拡大の行方

政府は、公的医療保険が使える診療と、保険外の診療を併用する「混合診療」を拡大し、患者が希望すれば利用できるよう規制を緩和する方針です。


公的医療保険が利かない自由診療でも、患者の希望で速やかに保険診療と併用できる新らしい仕組みを作ります。


現在、混合診療は原則禁止です。

保険外の治療を併用すると、本来保険がきく診療も含めて、全額自己負担となります。

例外として、特定の治療に限定して、将来の保険適用を前提に混合診療を認める「保険外併用療養費制度」というのがあります。


この仕組みを変えて、患者と医師の合意があり、かつ専門家のの合議機関が安全性を認めたものについては、混合診療が受けられる仕組みにする方向です。


いろいろ調整した結果、そのあたりに落ち着いたってとこみたいですね


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する