住宅ローン金利過去最低、変動金利は0.5%台

もうこれ以上下げると、そもそも金融機関の利益がなくなるのでは?

と思っていた住宅ローン金利ですが、過去最低水準をさらに更新中です。


基準となる市場金利が低く、また、4月の消費増税後に住宅を買う人が減ったため、銀行間の競争に拍車がかかったからのようです。


金利変動型、固定型とも下げ続けていて、半年ごとに金利が見直される商品が多い変動型では、0.57%0.599%を提示する金融機関も現れました。


3年、5年、10年固定といったタイプも最低水準です。


借り換えを考えている人にも、朗報ともいえますね。


ただし、目先の金利が低いから変動を選ぶのではなく、今後の家族の人生プランや返済予定をよ~く考慮して、金利タイプは選ぶようにしましょう





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する