一般用医薬品のインターネット通販解禁

大衆薬や市販薬とも呼ばれる一般用医薬品。

軽い病気やけがをしたときなどに、処方箋(しょほうせん)がなくても薬局・薬店で買える身近なお薬ですね。


私たちが便利で安全にこれらを利用できるようにするために、一般用医薬品の販売ルールが設けられています。

このルールが見直され、平成26年6月12日から、インターネットでも販売・購入することができるようになります。


一般用医薬品は、年齢も体質も違う様々な人が使えるように、効き目を調節してより安全性を高めてつくられていて、リスクの度合いによって、「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分類されています。


一般用医薬品については、これまでビタミン剤や整腸薬などの第3類以外は、インターネットでの販売は認められていませんでした。


新しいルールでは、医薬品の区分を見直し、使用に特に注意が必要な一部の医薬品を「要指導医薬品」という新たな区分に位置づけて対面販売に限る一方、第1類、第2類、第3類のすべての一般用医薬品は、一定の条件の下、インターネットや電話などで販売できるようになります。


インターネットで買う際の注意点などはこちら⇒政府広報オンライン
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する