NISAの非課税枠が拡大へ

今年1月から始まったNISA(少額投資非課税制度)。

毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当金や売買益等を最長5年間非課税にする制度です。


エフピー森のブログでも、たびたび取り上げてきました。


政府は、現在年100万円の非課税枠を200万円以上に拡大したり、税金がかからない期間を延長したりするなど拡大の方針です。

2016年にも実施する予定。


昨年、日本株の上昇に気を良くしている個人の方もいらっしゃるかと思いますが、年明け以降は若干息切れ気味。

NISAをもっと活用することで、株式市場の底上げにつなげたいという思惑でしょうか。


日本証券業協会によると3月末までに、NISA口座には6千億円を超す資金が集まっているのだとか。


拡充は年100万円の非課税枠を200万~300万円程度に広げる案が出ている様子。


政府内では、非課税枠を一気に増やす案と、利用状況を見ながら数十万円ずつ段階的に増やしていく案がそれぞれ検討されています。


ただし、現在NISA口座を開設したのは、60歳以上が約61%。


30代では8%にとどまります。


投資額を拡大するのではなく、利益が200万円まで非課税なんていうのはダメでしょうか





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する