2015年、高額療養費制度が改正に!

高額療養費制度は、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。


年齢や所得に応じて、本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

(注:ここでいう医療費とは、保険診療にかぎります)


この制度が2015年1月から改正になります。

加入者が70歳以上と70歳未満の場合では、負担額を計算する方法が違いますが、2015年1月に改正が決まっているのは70歳未満の人。


現在は3区分の所得区分を5区分に細分化し、自己負担限度額がきめ細かく設定し直されます。


具体的には、現在は1区分の一般の所得者を、年収約370万円~770万円と、約370万円未満の2区分に。


上位所得者も年収約770万円~1160万円未満と、約1160万円以上の2区分にします。

詳しくはこちら⇒厚生労働省「高額療養費制度の見直しについて」


今回の改正は、所得が多い人ほど負担額がアップするというものですが、今後も負担増の改正はさまざまな形で続くと思っていたほうが良さそうですね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する