高等学校等就学支援金制度

今年の4月から、高校授業料無償化および就学支援金支給制度が改正になりました。


公立、国立、私立にかかわらず、「高等学校等就学支援制度」に一本化されました。


また、支給額も一律ではなく、所得により異なるようになっています。



所得制限が適用されることになったことによって、市町村民税所得割の金額が30万4200円以上(年収910万円以上)程度の世帯は対象外になりました。


具体的な支給額は、目安の年収が年収910万円未満~590万円⇒月額9,900円
               年収590万円未満~350万円⇒月額1万4850円
               年収350万円未満~250万円⇒月額1万9800円
               非課税世帯⇒月額2万4750円


ただし、給付金額は実際の授業料が限度です。


改正が適用になるのは、今年4月に入学した新高校1年生から。


昨年度までに入学した生徒はこれまでの制度が、卒業まで適用されます。



家庭によって、負担が重くなったり軽くなったりするようですね


詳しくはこちら⇒文部科学省
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する