FC2ブログ

電車の時間帯別乗車料金

武漢発新型コロナウィルス感染症による利用者減を受けて、JR東日本など一部の鉄道事業者が時間帯別運賃を検討しているようです。

時間帯別運賃は、鉄道の営業時間をピーク時間帯とオフピーク時間帯に分け、ピーク時間帯はその他の時間帯よりも割高な運賃を設定するというもの。

ロンドンの地下鉄などでは、すでに実施されているのだとか。

日本でも、ラッシュを外した時間帯に利用できる「時差回数券」、通勤客が少ない週末限定の「土・休日回数券」などは聞いたことがありますが、ピークを高額に設定した運賃はまだありません。

日本は通勤定期代は、企業負担が一般的。

運賃が高いからといって、利用時間帯を変更することにはつながりにくいと考えられてきました。

でも、ウィズコロナの時代には、そういった常識も変わり自分のお金と裁量で通勤時間帯を決める人が増えてくるかもしれません。

そうなれば時間差運賃も定着しそうですね。

このページのトップへ