FC2ブログ

パッシブファンドとアクティブファンド、どちらがお得?

金融庁が、「資産運用業高度化プログレスレポート2020」と題する報告書を公表しています。
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200619/20200619.html

レポートでは資産運用業が果たす役割について、国民の安定的な資産形成や企業・経済の持続的な成長を実現していくために極めて大きいと強調しつつ、資産運用業が抱える課題や今後の方向性など、分析データ等で示しています。

たとえば、パッシブファンドとアクティブファンドのパフォーマンスについて、定量的に分析してします。

パッシブファンドとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など株価や債券の指数(インデックス)に、ファンドの基準価額が連動するような運用を目指すファンドのこと。

一方のアクティブファンドは、運用会社やファンドマネジャーが独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指すファンドのことです。


レポートで指摘しているのが、パッシブファンドに比較してアクティブファンドのパフォーマンスの悪さ。

アクティブファンドはリスクの割にはリターンがよくないよねと金融庁が発表したわけです。

世の中には優れたアクティブファンドも存在するはずなので、優れたアクティブファンドを探し出すことができないなら、コストの安いパッシブファンドを選択するほうが堅実、ということになりそうです。
このページのトップへ