FC2ブログ

お酒の値段

10月から酒税法が税率改正されることに伴い、お酒の値段が変わります。

10月1日から段階的に税率改正を実施するのは、ビールや発泡酒などを含む発泡性酒類と、日本酒やワインなどを含む醸造酒類。

そして梅酒など果実酒を含む混成酒類の酒税の基本税率。

加えて、発泡性酒類の特別税率も改正されます。
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/senmonjoho/kaisei/mokuji.htm

ビールに関しては、2020年10月、23年、26年の3段階を経て酒税が一本化されます。

今後は段階的に「ビール」と「第三のビール」の店頭での価格差が縮まることになりますね。

これまでは350ml缶1本あたりのビールにかかる酒税は77円!

価格が高く、普段家庭で飲むビールは発泡酒や第3のビールを選ぶ人も多かったと思いますが、減税後はビール350mlあたり7円安くなります。

発泡酒は麦芽の使用割合によって税率が区分されていて、麦芽比率25%以上50%未満の発泡酒は現在350mlあたり約62円のところ、新しい税率では約58円に値下げ。

麦芽比率25%未満の発泡酒は現在も改正後も350mlあたり約47円と値段に変化なし。

第三のビールについては、350mlあたり28円が約38円へ増税され値上げに。

アルコール類を普段からよく購入する家庭には、影響がありそうですね。


このページのトップへ