FC2ブログ

公的年金の繰上げ・繰下げの仕組み

日本の公的年金は、すべての人が加入する国民年金(基礎年金)と、会社員、公務員の人が加入できる厚生年金の2階建てになっています。

年をとって、国民年金から受け取れるのが老齢基礎年金。

支給開始は原則65歳です。

ただし、60歳から繰り上げて早く受け取ることもできますし、最長70歳までに繰り下げて、遅く受け取ることもできます。

会社員の人達が受け取れる老齢厚生年金の支給開始も原則65歳です。

ただし、60歳台前半には「特別支給の老齢厚生年金」の仕組みがあり、生年月日や男女別に定められた支給開始年齢から年金を受け取ることができます。

特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は、現在生年月日ごとに段階的に引き上げられている途中です。

そのため、男性は昭和36年4月2日以降生まれの人から、女性は昭和41年4月2日以降生まれの人からは、65歳が支給開始となり、60歳台前半の特別支給の老齢厚生年金は受け取れません。

老齢厚生年金も本来の支給開始年齢よりも前に受け取ることもできますし、繰り下げて遅く受け取ることもできます。

ただし、繰り上げの場合は、老齢基礎年金も同時に繰上げしなければなりません。

一方、本来の支給年齢より遅く受け取る繰り下げについては、繰下げについては、老齢基礎年金のみ繰下げ、老齢厚生年金のみ繰下げ、両方あわせて繰下げを選択できるようになっています。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/index.html

現在審議中の年金改革法案が決定すると、受給開始時期の選択期間が。現在の60歳~70歳から60歳~75歳の間に拡大されることになります。

選択肢が拡大されるということですね。
このページのトップへ