FC2ブログ

信託報酬ゼロ投信が登場

投資信託とは投資家から集めたお金をひとつにまとめて、それを運用会社が株式や債券などに投資して、得られた利益を分配する金融商品です。

元本は保証されていません。

投資家が取引を行うにはいくつかの手数料を支払います。

まず購入するときに支払うのが「購入手数料」。

最近では、ネット証券に限れば購入手数料無料が普通になりつつありますね。

運用期間中は信託財産から間接的に「信託報酬」が差し引かれます。

購入時手数料のように投資家が負担しているのが見えにくいのですが、長く保有すればするほど運用成績に影響します。

投資信託の解約時に徴収されるのが「信託財産留保額」。

信託財産留保額がかからない投資信託や購入時にかかる投信もあります。

野村証券が、この3種類のコストをすべてゼロとし、信託報酬0%の投資信託を設定すると発表しました。

海外株式に投資する投信で、積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)向けの商品です。
https://www.nomura.co.jp/retail/nisa/tsumitate/pdf/threezero.pdf

2030年12月31日までは信託報酬率を0%(委託会社報酬率、販売会社報酬率、受託会社報酬率の全てが0%)。

2031年1月以降の信託報酬率は0.11%以内。

3月16日から野村證券のオンラインサービスでのみの申込です。

最近では、運用会社の報酬を成功報酬とした商品も登場しています。

投信に投資しやすい環境がさらに整うといいですね。
このページのトップへ