FC2ブログ

外貨建て保険に販売資格導入

保険料を外貨で払い込み、満期保険金や解約返戻金、死亡保険金などを外貨で受け取る保険商品を「外貨建て保険」といいます。

外貨建て保険には、終身保険、養老保険、個人年金保険などがあり、外貨の種類も、米ドルを筆頭に豪ドルやユーロもあります。

外貨建て保険のメリットは、保険会社の運用先が円建て保険は日本国債で運用するのに対し、外貨建て保険は契約したときの通貨をその国の国債で運用すること。

現在の日本国債の金利が0%台なのに対し、アメリカ国債であれば2%以上、オーストラリアの国債でも1%以上と日本国債と比べると金利は高水準。

簡単に言うと、その分保険料も安く貯蓄性が高いということになります。

ただし、注意が必要なのが日本円で受け取る場合は為替レートによって、受け取る金額が違うということ。

円安になれば受取額が増えますが、反対に円高になれば受取額は減ります。

場合によっては、元本割れもありうるということ。

これを為替リスクといいますが、こういった説明が不足していることが原因で外貨建て保険を巡る苦情は減ることがありません。

生命保険協会では、生保や銀行の販売担当者向けの専用資格をつくること発表しました。
https://www.seiho.or.jp/exam/notice/20200221.html

知識も大切ですが、問題なのは販売姿勢だと思いますね。

このページのトップへ