FC2ブログ

住宅ローン控除と繰り上げ返済

「住宅ローン控除」とは、マイホームを一定の条件のローンを組んで購入したり、省エネやバリアフリーなど特定の改修工事をしたりすると、年末のローンの残高に応じて税金が還ってくる制度のことです。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

要件に当てはまる人の場合、10年間、ローン残高の1%に当たる税金が還ってきます(消費税率10%が適用される住宅の取得を行い、令和元年10月1日~令和2年12月31日までに入居した場合は13年)。

そのため、当初10年(13年)は繰り上げ返済はしないほうがお得と考える人がいる一方で、住宅ローン控除の期間中に、繰上げ返済を考える人もいます。

その場合、借入残高が減ってしまうことにより控除額も少なくなってしまうのでは?という心配も出てきますね。

住宅ローンは、当初は元金より利払い利息のほうが大きいため、早期の繰上げ返済により元金を早く減らす効果があります。

つまり支払い利息も減額できるので、少なくなる控除額と利息の減額分を比較するとほとんど差がないことも。

また早期に繰り上げ返済することで、返済期間の短縮幅も大きくなります。

借入に対する感じ方は人それぞれで、住宅ローンがあること自体に負担を感じている人もいれば、負担感を感じない人もいます。

損得だけではなく、ライフプランに合わせた返済計画が必要になりますね。
このページのトップへ