FC2ブログ

自治体の終活支援

自治体による終活支援が広がりを見せています。

熱海市では、今年8月から「熱海市終活支援事業 あんしん」を開始しました。
http://www.city.atami.lg.jp/kenko/koureifukushi/1007214/1007215.html

頼れる親族がいない高齢者が、協力葬儀社との間で葬儀等の生前契約を交わし費用を渡しておく事業です。

利用できるのは、以下の条件をすべて満たす人。

(1)熱海市に住民登録がある

(2)年齢が65歳以上

(3)単身世帯

(4)頼れる身寄りがいない

(5)契約する能力がある

葬儀社と生前契約を交わした人は、熱海市終活支援事業あんしんに登録され、亡くなったときには市役所から葬儀社に連絡が入り、希望した埋火葬が執り行われます。

依頼できるのは、死亡診断書受領、遺体の搬送、死亡届の提出、火葬、埋葬(納骨)まで。

登録者であることが確実にわかるように、登録証は、熱海市が65歳以上の高齢者などに無償配布している「救急医療情報キット」と一緒に、冷蔵庫に保管するような仕組みにするなど、工夫もされています。

ライフプランの最後を想像するのは大切なこと。

誰に託せばいいか不安がある人は、自分の住む自治体のサービスなども調べてみるといいですね。





このページのトップへ