FC2ブログ

住宅取得資金に係る贈与税の非課税枠が拡大

10月から消費税が10%に引き上げられます。

土地はもともと非課税ですが、建物には消費税がかかります。

3000万円の建物なら、今なら消費税240万円のところ300万円になります。

仲介手数料やカーテンなどマイホーム関連費にも消費税がかかるため、住宅の売れ行きに影響があっては大変と、さまざまな住宅取得支援策が実施されます。

住宅取得等資金贈与の特例の非課税枠拡充もその一つ。

2019年3月までは最高1,200万円までの非課税枠が、2019年4月以降は3,000万円に拡充されます。

ただし、消費税10%で自己居住用の住宅を取得する資金として両親や祖父母などから贈与を受けた場合に限られ、個人間取引の中古住宅のように、消費税がかからない物件取得は対象外。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000018.html

気をつけたいのは、住宅取得資金の贈与額と住宅ローンの借入額の合計が購入価額を超えている場合。

住宅取得資金の贈与税の非課税枠を利用した場合、贈与金額を住宅等の取得価額から差し引くことになっています。

例えば、住宅購入価額が5000万円で、住宅ローンの借入額が3000万円、住宅取得資金贈与額が2500万円だった場合。

5000万円から贈与額2500万円を差し引いた、残りの2500万円が住宅ローン減税の対象になるということ。

どのような特例を利用するにしても、マイホーム購入は慎重に検討したほうがいいですけどね。
このページのトップへ