FC2ブログ

保険が無くなった!保険金が支払われない事例も!

かんぽ生命が、本人に不利になるような保険契約に乗り換えをさせていた問題について、ニュースリリースを公開しました。
https://www.jp-life.japanpost.jp/information/press/2019/abt_prs_id001454.html

公開されたリリースでは、古い保険を解約し新しい契約に加入する「契約乗換え」をさせられたことで、契約者に単に不利になっただけでなく、

健康状態などにより引受謝絶となり、保険が無くなってしまった事例。

また、新しい保険に加入する際に、過去の病気などによって加入ができないことがわかった人に、健康状態を偽って申請させたことで、保険事故が起きたときに、保険金が支払謝絶等となる事例があったことが明らかになりました。

このような扱いを受けた人の数は、「 契約乗換に際し、引受謝絶となる事例 15,800件」「 契約乗換後、告知義務違反により保険金が支払謝絶等となる事例 3,100件」「 保険の乗り換えの必要がなく、特約切替等対応できた事例 5,000件」に上ります。

これだけの件数ですが、それでも実際は氷山の一角かもしれません。

これらの事例についてかんぽ生命は、「調査スタッフが訪問等の上、お客さまのご意向や不利益事項のご認識等を再確認し、順次、ご確認した結果に基づき」、「乗換前の契約を復元」したり、「復元後の契約から保険金を支払う」などの対応をするとのこと。

正直、報告書を読んでも、あまり危機感を感じているようには思えません。

特殊詐欺並みの悪質さだと思うのですけどね。

このページのトップへ