FC2ブログ

認知症事故救済制度

先日、神戸市が今年の4月から開始した「認知症事故救済制度」で、初めて見舞金が支給されたというニュースが流れました。

「認知症事故救済制度」とは、神戸市の認知症対策「神戸モデル」による制度で、認知症の人が起こした事故に対して、最大2億円の賠償金を支払うものです。
https://kobe-ninchisho.jp/accident-relief-system/


賠償責任保険制度は、事前の申込みが必要ですが保険料などの支払いは必要ありません。

無償の認知症診断助成制度と、事故救済制度を組み合わせた全国初の取組みです。

すでに2000人以上の申し込みがあったようです。

今回対象となったのは、4月下旬、市内の認知症の高齢者が他人の自転車を自宅に持ち帰ろうとして、鍵がかかった状態で引きずり、車輪などを壊した事案。

「財物損壊給付金」として、自転車の所有者に対し15,932円が支払われました。

認知症の家族を持つ人の安心につながりますね。

このページのトップへ