FC2ブログ

若くて持ち家、その住宅ローン大丈夫?

日経新聞に30代の持ち家比率は5割を超え、それに伴い若い世帯が抱える住宅ローンが増えているという記事がありました。

総務省の家計調査(2人以上の世帯)では、世帯主が30~39歳の家計の全負債額は2018年には1329万円。

調査が始まった2002年以降で最高。

2002年比で1.8倍。

29歳以下も675万円と2.7倍。
https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html


企業による社宅や賃貸補助が減少していることに加え、住宅ローン金利の低下で購入に踏み切る若い世帯が増加しているのだとか。

OECD(経済協力開発機構)では家賃や住宅ローンの支払いが可処分所得の40%を超す人を住宅費過重負担者と定義しています。

近頃の首都圏でもマンション価格の高騰ぶりを見ると、かなりの世帯がめいっぱい背伸びして住宅を購入していそうです。

10月からの消費税増税に合わせ、住宅ローン控除(住宅ローン減税)制度の拡充が予定されています(控除期間が10年から13年に延長)。


それもいいですが、若い世代には家賃補助や公営住宅の拡充といった対策もしてもらいたいですね。


このページのトップへ