FC2ブログ

契約者貸し付け

もしもの備えとして加入する、生命保険。

その生命保険を活用して、お金を借りることができる制度があります。

「契約者貸付」と呼ばれる制度です。

貸与限度額は、解約返戻金のうちの一定範囲、保険会社や商品によって違いますが解約返戻金の7~8割程度が目安になります。

つまり、解約返戻金がまったくないタイプの保険だと、契約者貸付を利用することはできません。

解約返戻金のある保険の代表が、終身保険や養老保険、個人年金保険など。

ただし、お金を借りる以上、当然借入金利がかかります。

契約している生命保険の予定利率に1~2%ほど上乗せした金利としているのが一般的です。

契約者貸付制度を活用するメリットの1つが、生命保険契約を解約せず継続したまま、お金を融資してもらえること。

貸付制度を利用中に支払事由が発生した場合は、返済するべき金額が差し引かれた保険金を受け取ることになります。

上手に利用すれば、急にまとまったお金が必要になったり、家計がピンチのときに役立ちますが、返済が滞り、元金と利息を合わせた貸付総額が解約返戻金の範囲を超えてしまうと、生命保険契約が失効することもあります。

緊急時に役立つ制度ですが、返済状況の確認をおこたってしまい、失効させてしまうことのあるようなので、その点は十分にきをつけてくださいね。
http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2016_10.html
このページのトップへ