FC2ブログ

「繰下げ支給」を待機中に死亡した人の年金

現在の公的年金は、65歳から受け取り始め、その後亡くなるまで支給されます。

支給開始を65歳から遅らせることを「繰下げ支給」と言いますが、そのメリットは、年金の金額が増えること。

65歳から支給される年金の金額に対し、「0.7%×繰下げた月数」の割合で増額されます。

70歳まで繰り下げると、年金の金額が42%増えます。

リタイヤ時期を遅らせて、働いている間は年金をもらわず、その代わり後からもらう金額を増やそうと考える人も増えるかもしれませんね。

ところが、繰下げ支給をするべく待機している時に、急な病気や不慮の事故などで死亡してしまったら、年金はどうなるのでしょうか。

まったく年金が貰えないままになってしまうのは、損した気持ちになりますね。

実は、遺族がいる場合は、本人に代わって未払いの年金を請求することができます。

この場合の遺族は、「待機をしていた人が亡くなったくなった当時、その人と生計を同じくしてい、3親等内の親族」です。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todoke/kyotsu/20140731-02.html

この場合、65歳から受け取るはずだった金額が支給されていないという扱いになるため、「繰下げ支給」で増えた金額ではありません。

受け取る手段があることは、覚えておくといいですね。


このページのトップへ