FC2ブログ

空家増加846万戸

総務省が先月発表した住宅・土地統計調査(速報値)によると、全国の空き家数は2018年10月1日時点で846万戸と過去最高になった模様です。
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/tyousake.html


5年前の前回調査に比べ26万戸増加。

住宅総数に占める割合も過去最高の13.6%です。

一口に空家といっても、普段は人が住まない別荘なども含まれます。

ただ、借り手が見つかっていない賃貸物件が431万戸で最多。

入院・転勤などによる長期不在や、居住者の死去、取り壊し予定などで無人の「その他の住宅」は大きく増加し、347万戸でした。

和歌山、徳島、鹿児島などで空家率が高かったのに対し、埼玉、東京、神奈川といった若者世代が流入している首都圏や人口増が続く沖縄では低くなっています。

空き家数や空き家率の増加「住環境の悪化や行政コストの増大など、さまざまな問題が生じる可能性が指摘されています。

わかってはいるし、悩みの種ではあるけど仕方がないと、放置している人もたくさんいるのでしょうね。



このページのトップへ