FC2ブログ

携帯料金は安くなる?

改正電気通信事業法が10日、参院本会議で全会一致で可決、成立しました。

今秋には実施の予定。

改正法では、通信料と端末代の分離が義務付けられました。

行き過ぎた囲い込みも禁止されます。

これまでのような「2年縛り」や「3年縛り」という形で、携帯電話会社と長期契約をして、端末代金の割引を受けるという「セット販売」が禁止になったということです。

「セット販売」は、今現在主流の契約方法で、携帯各社は通信料の収入を原資に端末代を割り引いています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/shohi.htm

端末を頻繁に買い替えない人は、買い替える人にくらべて高い通信料を支払うことになると指摘されてきました。

今後は、端末代金と通信料は分離されます。

料金プランが分かりやすくなれば比較も容易になり、無理やり「〇〇年縛り」で引き留められることもなくなります。

総務省が発表している家計調査によると、2017年の電話通信料の支出額は前年比1.5%増の12万2,207円。

実感としてはもっと支払っていると感じますが、金額は年々増加傾向です。

家計にやさしい料金体系になるといいですね。
このページのトップへ