FC2ブログ

税金を納め過ぎたとき

確定申告の季節です。

確定申告をすることで納め過ぎた税金が戻ってくるのが「還付申告」。

同じように納め過ぎた税金が戻ってくる措置に「更正の請求」というものがあります。

税金を多く支払ってしまった、あるいは還付金を少なく申告してしまった場合に、いったん提出した確定申告の内容を申告期限が過ぎてから訂正する手続きです。


普段は確定申告をしない会社員などが納め過ぎた税金を戻してもらう「還付申告」は、控除される支出があった年の翌年1月1日から5年間。

この期間内であれば、いつでも受け付けてくれます。

一方「更生の請求」は、以前は1年間でしたが今は5年です。
https://www.nta.go.jp/information/other/encho/index.htm#a02


更正の請求書が提出されると、税務署でその内容を調査。

その請求内容が正当と認められたときは、更正の請求をした人にその内容が通知され、納め過ぎの税金が還付されます。

申告した後で、あきらめていた領収書が出てきたとか、税金を納め過ぎたことに気づいたときは利用すると言いですね。





このページのトップへ