FC2ブログ

空家問題も解決!?リバースモーゲージ型住宅ローン(リバース60)

「リバース60」とは、金融機関が満60歳以上の人を対象に、マイホームを担保として貸し出すローン商品です。
https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/yushihoken_revmo/index.html

高齢者向けに融資するのが難しい金融機関に、公的機関である住宅金融支援機構が、住宅融資保険を提供することで、実現することができたリバースモーゲージローンです。


一般的な住宅ローンと同じように新しい住宅の購入や新居の新築に利用できるだけでなく、リフォーム資金やサービス付き高齢者向け賃貸住宅の入居一時金などとしても利用できるなど、通常の住宅ローンよりも幅広い用途に利用できるのが特徴です。


最大の特徴は、元本は契約者が亡くなった後に担保物件(家)を売却することで行うこと。

借入れ後の毎月の返済は利息だけ。

月々の家計への負担を小さくして、老後に住環境を整えることができます。


デメリットは、担保物件(家)を売却することで借りたお金を返済に充てるので、子どもや家族に家を残すことが難しくなるという点です。


住宅金融支援機構が発表した利用実績によると、平成30年7月~9月の3か月間の申請戸数は100戸。

少なく感じますが、前年同期と比較すると357.1%増、金額ベースでは8億円と急増中です。

利用者の平均年齢は69 歳、年収394 万円。

融資額の平均が1,811 万円、毎月返済額の平均は3.5 万円。

北は北海道から南は熊本県まで利用実績があり、全国どこでも利用されています。


実家の相続でトラブルになる家庭がある一方で、相続した実家に誰も住まない、いわゆる空家の増加が社会問題化しています。

「老後の生活費が確保でき、亡くなった後は自宅を残さない」というリバースモーゲージの特徴が、時代のニーズに合うようになってきたかもしれませんね。

このページのトップへ