FC2ブログ

特別支給の老齢厚生年金の勘違い

現役時代はずっと会社員だったという方は、現在、60歳前半に「特別支給の老齢厚生年金」が支給されます(生年月日によります)。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html

ところが、中には勘違いをして、年金が減ると困るのでもらわないでおこうと考える方がいます。

 
国民年金の老齢基礎年金が、65歳からの支給のため、「60歳前半で繰り上げてもらい始めると一生減額した金額を受け取ることになる」という情報とごっちゃになっているのが、勘違いの理由のようです。

また、65歳からもらえる老齢年金の支給開始を1ヵ月遅らせるごとに、支給額が0・7%増額される繰り下げ支給制度というのがあります。

この、繰り下げ支給と混同してしまい、申請を遅らせてしまう人もいるようです。



60歳前半から支給される「特別支給の老齢厚生年金」は、名前のとおり“本当はもらえないんだけど、生年月日によっては、特別にもらえる年金”です。

特別支給の老齢厚生年金については、繰り下げ支給制度は適用されませんので、対象の人はちゃんと手続きしてもらうようにしましょう。
このページのトップへ