FC2ブログ

セルフメディケーション税制と確定申告

セルフメディケーション税制とは、医療用医薬品を転用した「スイッチOTC」と呼ばれる市販薬を年1万2千円超購入すると所得控除を受けられるという制度です。

対象となっている市販薬は、風邪薬や胃腸薬、湿布などの貼付薬、鼻炎用内服薬など身近な医薬品。

対象となる市販薬にはセルフメディケーションの識別マークがついています。

医療費の膨張を抑えるため、税金を少しおまけするので症状の軽い人は薬局などで自分で薬を買って服薬してね、というのが制度の狙いです。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

ただし、従来からある医療費控除制度と、セルフメディケーション税制を同時に利用することはできません。

どちらの控除を利用するかは、自分で選択しなければなりません。


さらに、自分が健康の維持に努めていることを証明するものを添付しないと控除を受けられないというルールもあります。

具体的には、定期検診やインフルエンザワクチンの予防接種。

また市区町村が実施するがん検診なども対象。

勤務先の健康保険組合や市町村国保が実施する定期健康診断も、もちろんOK。

領収書や結果通知表などは大切に保管しておくといいですね。

このページのトップへ