FC2ブログ

「赤ロム」!?中古で落札したスマートフォンが、急に利用できなくなった

赤ロムとは、分割払いで購入した端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことを指す俗称です。

中古の携帯電話機はインターネットのオークションやフリマアプリ、リサイクルショップなど、さまざまな場所で販売されています。

手を出しにくい高価なスマートフォンが、中古なら安くゲットできると利用する人も多いようです。

こういった中には、元の所有者が分割払いで購入した携帯電話機の支払いが残っているものが販売されていることがあります。

元の所有者が支払いを続けていればいいですが、支払いをやめてしまうとネットワーク利用制限の対象になってしまいます。

ネッワーク利用の制限がかかると、音声による通話、インターネットの閲覧、アプリの利用などができなくなります。

また、利用制限は携帯電話機本体の製造番号を識別して行われるため、違うSIMカードに代えても解除することができません。

いったん制限の対象となると、後から解除するのは難しいのが現状。


大手携帯電話各社では、ネットワーク利用制限対象携帯電話機を確認するためのウェブページを設けています。
ドコモ
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

au
https://www.au.com/support/service/mobile/network-riyoseigen/

ソフトバンク
https://www.softbank.jp/mobile/support/3g/restriction/


携帯電話機の製造番号をホームページに入力すると、現在制限の対象となっているかどうか、また、将来制限される可能性があるかどうかを調べることができます。


中古携帯電話機の購入前には、利用制限の対象かどうかを確認するのがいいですね。
このページのトップへ