FC2ブログ

契約者は妻、支払いは夫の生命保険料控除

「生命保険料控除」は、所得控除の1つで、払い込んだ生命保険料に応じて、一定の金額が契約者のその年の所得から差し引かれる制度です。

税率をかける前の所得が低くなることで、所得税と住民税の負担が軽減されます。

一般的には、契約者=保険料を払う人ですが、契約者と保険料を払う人が別人のケースもあります。

代表的なケースが、妻が契約者となっている保険の保険料を夫が払っている例。

こんな場合、生命保険料控除を受けられるのは・・・夫になります。

生命保険料控除の対象となる保険契約は、その保険金などの受取人のすべてが自分または配偶者、その他の親族(6親等内の血族と3親等内の姻族)であることが要件で、契約者は誰であるかは要件とされていないからです。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1140_qa.htm


あくまで、実際に誰が保険料を払っているかで判断するわけですね。

このページのトップへ