FC2ブログ

時給1000円が目前?!最低賃金

最低賃金(時間給)は、使用者が従業員に最低限支払わなければならない賃金のこと。

最低賃金には、「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の2種類があって、「地域別最低賃金」は、産業や職種にかかわりなく、各都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に対して適用される最低賃金のことです。

都道府県に1つずつ、全部で47件の最低賃金が定められています。
https://pc.saiteichingin.info/

今年10月の改定で、最も高かったのは東京都の985円(958円から27円アップ)。

最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円アップ)でした。


全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円のアップです。

この最低賃金は、パート、アルバイト、臨時、嘱託など雇用形態などに関係なく、各都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に適用されます。


一方「特定最低賃金」は、特定の産業について設定されている最低賃金のこと。

「地域別最低賃金」よりも金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認める産業について設定されていて、全国で233件の最低賃金が定められています(平成29年4月1日現在)。

「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の両方が同時に適用される場合には、優先されるのは金額の大きいほうです。

もし、最低賃金額より低い賃金で合意してしまい契約してしまった場合でも、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同様の定めをしたものとみなされます。

最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金。残業代やボーナスは含まれません。


まだまだ十分とはいえませんが、働く人の収入が増えるのはいいことですね。
このページのトップへ