FC2ブログ

70歳までは現役サラリーマン?!

人生100年時代。

60歳で定年になっても65歳までは、今の会社で再雇用してもらおうと考えている会社員も多いと思います。

現在、法律(高年齢者雇用安定法)で、企業には高年齢者を65歳まで雇用するための「雇用確保措置」を講じることが義務づけられています。

具体的には「定年制の廃止」「定年年齢の引き上げ」「継続雇用制度」のいずれかを導入しなければなりません。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page09.html


厚生労働省が調査・公表した「高年齢者の雇用状況」によると、8割以上の企業は定年廃止や延長ではなく「継続雇用制度」を導入しています。

多くの場合、再雇用で働く人の年収は定年前の4~5割程度というのが現実です。

先日、政府は高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始めるというニュースがありました。

今秋から本格的な議論に入る予定です。

今のまま70歳までの再雇用が始まっても、人件費抑制のため大幅な賃金ダウンを続ける企業は多いと予想できます。

再雇用を選ぶにしても、新しいスキルを磨くにしても、早めに自分を見直すことが必要になりそうですね。
このページのトップへ