FC2ブログ

公的年金はいくらもらえるか

老後資金にいくら必要か、何歳まで働くかは人それぞれですが、まずは、受け取れる公的年金の目安額はおさえておきたいところ。

厚生労働省が公表している「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、

国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で55,464円です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000106808_1.html

国民年金の満額の支給額は現在64,941円ですが、これは40年間保険料を支払った場合金額。

実際には、満額もらっている人ばかりではないということですね。

会社員や公務員だった期間がある人で、厚生年金と国民年金が支給されている人の月額の平均支給額は147,927円です。

厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差があるため、現在は男女差が大きく、男性が166,863円、女性が102,708円です。

自分の年金や生活プランを考えるとき、参考の1つになるかもしれませんね。
このページのトップへ