水害と火災保険

ゲリラ豪雨、大雨や台風などによる水害の被害が、毎年のように日本のどこかで起きるようになりました。

西日本が見舞われた記録的な大雨による水害も、今後も日本のどこで起きても不思議ではありませんね。


火災保険というと「火事の時」というイメージがありますが、火災だけでなく、水災、落雷、ガス漏れによる破裂や爆発、風災・ひょう災・雪災、盗難などのケースでも補償が受けられます。

大雨で自宅が床上浸水し、床などが損傷したり電化製品などの家財が壊れてしまった。

河川が決壊して建物が流されてしまった。

集中豪雨から土砂崩れが起きて建物が壊れてしまった、といった場合に火災保険から保険金受け取ることができます。


現在販売されている損保各社の火災保険商品は、各社ともいくつかプランがあって水災を補償するプランとしないプランがあります。

また商品によっては補償を自分で選択するタイプのものあり、水災ついても補償を選択して除外することができるようになっています。


パターンにも違いがあり、実際の損害を支払うタイプ、一定割合を支払う定率の補償のタイプもあります。

住んでいる建物が1階であったり、半地下になっているようなら、わが家の火災保険の水害の補償内容を一度チェックするといいですね。
このページのトップへ