幼児教育・保育無償化が2019年10月からスタート!?

子育てには何かとお金がかかります。

幼児教育・保育にかかる費用の無償化を、2019年10月から実施することが決まりました。

消費税率10%への引き上げに合わせた格好です。

内閣府の資料(経済財政運営と改革の基本方針2018)によると、幼稚園や保育所に通う3~5歳の全ての子どもと、保育所に通う0~2歳の住民税非課税世帯の子どもについて、利用料が無料となる予定。
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2018/decision0615.html


無償化の対象は預かり保育やベビーホテルと呼ばれる認可外施設も含まれます。

市区町村から保育が必要と認定された世帯であれば、支援が受け取れるということのようです。

ただし、認可外施設は原則として国や自治体が定める一定の基準を満たすことが条件。

当面(5年間)は経過措置として、基準を満たしていない場合も無償化対象になります。

もちろん、金額の上限は設定されていて、例えば、一般的にいう認可外保育施設の利用者負担額は平均で月4 万円(3歳の場合)ですが、この平均額の場合は月3千円が利用者負担となります。

無償化の流れ自体は結構ですが、財源が消費税しかないとなると、手放しで歓迎というわけにもいかないですね(^^;)



このページのトップへ