FC2ブログ

住宅ローン、変動型が過去最高56%

住宅ローンには、借入れ全期間にわたって金利が変わらない「全期間固定金利型」。

定期的に金利の見直しが行われる「変動金利型」があります。

一定期間金利が固定され、その後変動金利になる住宅ローンもあり、「固定金利期間選択型」といい変動金利の仲間です。

住宅ローンを変動金利型で借りる人が急速に増えているというニュースを見ました。

2017年度下期に借り入れをした人の56.5%が変動金利を選択。

前年同期に比べて9ポイント増え、過去最高になったようです。

変動金利型のメリットは、 金利水準が下がりローンに適用される金利も下がれば、将来の返済額は少なくなること。

金利は 一般的に半年ごとに見直されますが、金利が大きく上昇した場合でも、毎回の返済額は通常5年ごとに見直すため、すぐに家計に影響することが避けられます。

反対にデメリットは、 金利の変動によって将来の返済額が変わる可能性があり、ローンを組んだ時点では返済総額がいくらになるか予測がつかないこと。


半年ごとに金利の見直しが行われますが、元利均等返済の場合は返済額の見直しは5年ごとになっているため、金利が上昇すると、返済額のうち金利が占める割合が高くなり、元金がちっとも減らないことがあること。


金利の上昇度合いによっては、本来支払わなければいけない利息部分の金額が返済額を上回る「未払い利息」が発生するリスクも負います。

総務省の家計調査によると、2人以上世帯のうち勤労者世帯(世帯主がサラリーマンの世帯)の持ち家率が上昇中で、なかでも若年層が増えていて世帯主の年齢が30~39歳の世帯の持ち家率は2017年に62.5%。

2000年以降で最高になりました。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/2.html


その年代の人は、そもそも超低金利が普通だと思って育った人たちです。

だからこそ、固定型、変動型それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選ぶようにしましょうね。
このページのトップへ